受けようか迷っている方に

注射

気になる効果や費用は

ダイエットをしても顔が大きく見える事を解消できなかったり、美容整形に興味はあるが骨を削ったりする治療は希望しないといった悩みにボトックス注射は改善が期待できます。切らない・削らない施術内容であり、ダウンタイムも短く安全な施術内容です。ボトックス注射はその名の通り、気になる部位に注射をするだけです。ボツリヌストキシンというたんぱく質を注入するだけで様々な悩みを解消できます。美容効果は複数あり、代表的なのが小顔効果です。顔が大きく見える要因の1つにエラが張っているというものがあります。エラが張る要因に咬筋の発達があり、ボトックスはこの筋肉を痩せさせる特徴があります。またしわやたるみも顔を大きく見えさせる要因であり、こちらも筋肉が原因である可能性もあります。それに対しても筋緊張を和らげたりリフトアップをボトックス注射で解消したりする事が期待できます。ダイエットをしても足が痩せない悩みの方にも上記の様な作用により解消が期待できます。足が痩せない要因には脂肪だけでなく筋肉の発達も原因です。筋肉を自ら痩せさせる事は非常に難しいので、自力で解消する事は困難と言えます。以上の様に筋肉が発達していたり筋緊張によるしわやたるみだったり、大きく見えて痩せられない悩みにボトックスは効果的に働きます。この治療方法の最大の特徴は2つあり、1つは手術に必要がない注入するだけの治療である事です。そしてもう1つが、自然な仕上がりになる事です。注射したからといって即日効果が現れません。徐々に筋肉を痩せさせていくので周囲にも治療を受けた事を知られる心配もありません。ボトックス注射による治療方法は世界的に安全な方法として認められており、世界中で使用されています。そして使用する薬剤であるボツリヌストキシンは、2009年に厚生労働省が安全を認めています。副作用の可能性は極めて低く、ダウンタイムも短い事から新しい美容治療として注目されています。ボトックスは眼瞼痙攣や顔面痙攣の治療薬として使用されてきました。疾病等の治療には健康保険が適用されますが美容目的では健康保険が適用されません。ボトックス注射は美容整形外科等で受ける事ができ、費用は自費になります。費用はクリニック毎に違いはありますが、治療の相場としては20000円程が相場になっています。顔に注入する場合は注入量が少ないのですが、多汗症治療としてワキにする場合は顔よりも薬剤は多くなります。費用が変わるのは施術部位と薬剤の量によるものが多いです。また薬剤の種類でも費用に違いがあります。ボトックスの薬剤はボツリヌストキシンの1種類なのですが、それがアラガン社製品か否かによります。厚生労働省が認可しているのはアラガン社製のボツリヌストキシンだけであり、その他はジェネリックになります。ジェネリックは同一成分で効果も変わりはありませんが、費用も1万円程で治療が受けられます。利用者にとっては厚生労働省が認めているか否かの信頼性に差があり、自身でどちらを使用するかを選択する自由があります。ボトックスの効果期間は4か月から6か月程であり、定期的に受ける必要はあります。年に2〜3回受ける必要がありますが、継続する事で身体もその痩せている状態が自然となり、効果期間が延びる性質があります。